聴神経腫瘍は聴神経の周りを鞘のように被っている細胞から発生する腫瘍ですが、良性の脳腫瘍であり、とてもゆっくりと大きくなります。 腫瘍の成長がゆっくりなため、症状が出る何年も前から腫瘍が存在し、大きくなっているということも少なくありません。 腫瘍は聴神経の周りで発生するため、聴神経を圧迫してしまいます。 そのため、まずは、耳が聞こえなくなってしまうという症状が現れることが多いです。 例えば、電話をしていて片方の耳だけ聞こえにくくなったことから、病院を訪れて調べたら腫瘍が発見されたというケースもあります。 腫瘍がさらに大きくなってしまうと、めまいや顔のしびれが起こったり、物が二重に見えたり、まっすぐに歩けない、水でむせるなどといった症状も起こります。 それに、水頭症を併発してしまう恐れもあるのです。 ここまで進行してしまうと、治療をするのも難しくなってしまいますから、そうなってしまう前にちょっと耳の聞こえが悪くなったかなと思った時点で、病院を受診するようにしてください。